Paul Lato氏はポーランド生まれ。ヨーロッパからカナダへ移り住み、プロフェショナルなソムリエとして研鑽を積みますが、ワインを自分の手で造ってみたいとの思いに駆られ、カリフォルニア州セントラルコーストに移って来ました。

Au Bon ClimatやQupeで働き、2002年に初めてのワイン6樽を作りました。その後、徐々にピノノワール好きな人々から評価を得るようになって来ました。オリジナルのWillimas Selyemに彼のワインを例える人達もいます。 カリフォルニアピノノワール愛好家以外にはあまり知られていないワイナリでしたが、2008年、2009年ヴィンテージがWine Advocate誌で連続して高評価を受け、俄然注目されるようになりました。
1種類のワインの生産量はせいぜい200ケースで、全て合わせても1,000ケース余りに過ぎない少量生産のワイナリです。大半はメーリングリストで販売されるか、The French Laundry等の有名レストランに販売され、一般のワインショップにはほとんど流通しませんが、Paul Lato氏は日本文化への憧憬の念が深く、少ない生産量の中から日本へ輸出してくれました。


Wine Advocateのガローニ氏が『上質のブルゴーニュと見まがう程』と評したシャルドネ。 ミネラル感とバランスのとれた果実味が美味しいワインです。
Wine Advocateで例年高得点を連発するシャルドネです。

アルコール度数14.5%

2005年ヴィンテージから作られています。セントラルコーストに銘譲畑Bien Nacido Vineyardを所有するMiller家が1990年代に開発したSolomon Hills Vineyardの葡萄を使っています。
太平洋に近く、寒流の影響による奇麗な酸と明るい果実味が特徴ですが、わかくともとてもバランスのとれた味わいのワインです。ディジョンクローン115, 667が主で777もごく少量使用されます。

アルコール度数14.5%